ロレックスのオーバーホール頻度と期間!目安とタイミングの見極る

本ページはプロモーションが含まれています

ロレックスのオーバーホール頻度と期間!目安とタイミングの見極るのトップ画像

もしかしたら、まだオーバーホールしなくて大丈夫かも?!

実はロレックスのオーバーホール頻度や期間は種類(モデル)や年式によって全然違うんです。

この記事ではそんなオーバーホールのタイミングを簡単に見極める目安をまとめてみましたよ。

【PR】純正部品つかってる凄腕の時計修理専門店

時計に優しい3~4年の油切れオーバーホールは正規店よりも時計修理店が圧倒的にお得だよ。

時計修理専門店シエン

お仕事ウサギ画像横目
結局、店舗やプロもほとんど修理専門店でオーバーホールはしてるのが現実。

ロレックスのオーバーホール頻度と期間はいつまで?

ロレックス

ロレックスを購入してから一番心配になるのがオーバーホールをいつするか? だと思います。

いつすればいいのかな?

ただロレックスといっても最新の時計(2021年製)とアンティークと呼ばれる生産中止になった時計とではオーバーホールの頻度や期間は違います。

オーバーホール頻度と期間
  • 現行モデルは10年以内
  • オールドモデルは5年以内
  • 日本ロレックスでは10年以内を推奨しているが..

    ロレックス

    現在の公式:日本ロレックスのページではオーバーホールの頻度について10年以内を推奨しています。

    参考:日本ロレックス公式ページ

    日本ロレックスが10年以内を推奨してるんだね

    現行モデルは10年以内

    サブマリーナデイト

    なので現行で販売さているロレックスの時計については10年以内のオーバーホールで問題はありません。

    現行で販売されてるのは耐久性が高いってことなんだ。

    でも毎日つかってるなど使用頻度が多いと5年くらいで油切れが心配に..。

    あと使用頻度だけでなくダイバーズモデルなど特殊な環境での使用ではオーバーホールの頻度も違ってきます。

    それについては下記のオーバーホールの目安で詳しく説明しまが、専門店でのサブマリやシードのオーバーホール事例が参考になります。

    古いモデル(1990年以前のモデル)は5年以内

    ロレックスは優れた耐久性のある時計なので現行モデルよりも高価なアンティークロレックスは数多く存在します。

    注意してほしいのは日本ロレックスのオーバーホールの推奨期間が10年になったのはまだ数年前です。

    そして、その前の推奨期間は5年以内

    ですので中古やアンティークの場合はオーバーホールはやはり5年以内がよいです。

    古い時計は5年以内ってことなんだ。

    時計の状態や機種にもよりますが目安として1990年より前の生産の場合は5年以内のオーバーホールをお勧めします。

    これは1990年あたりから生産された時計の内部構造の耐久性が上がったことが理由です。

    アンティーク(中古)のロレックスについて

    アンティークのロレックス

    ロレックスの生産中止しても25年間は部品確保していると聞いたことがあります。

    ですので、それ以上前のアンティークのロレックスの場合は正規の日本ロレックスでオーバーホールできない場合あります。

    ただし、日本ロレックス(正規店)でオーバーホールを受け付けてもらえないだけなので一般お店でオーバーホールすることはできます。

    あんまり古くなると正規店ではオーバーホールできなくなるんだ。

    もし正規店でオーバーホールできたとしてもオリジナルの部品が交換になることもあるので注意してください。

    実際には5年でする人は少ない

    ロレックスを使う人

    ロレックスのオーバーホール頻度や期間についてはお話したように時計の生産時期(モデル)によって違ってきています。

    ただ実際にロレックスを使っているひとがオーバーホールに出すのは6年~7年くらいが多いようです。

    僕は毎日使っていて前回は8年目くらいに出しましたが、それからもうまた7年がたちます。

    そこで、一般的なオーバーホールの頻度や時期だけでなく時計の不具合や使用頻度による目安がないのかも調べてみました。

    ロレックスのオーバーホールの目安やタイミング

    オーバーホールの目安とタイミング

    オーバーホールは時期だけできめる必要はない。

    オーバーホールの目安やタイミング
  • 使っていなければオーバーホールする必要はない
  • 毎日つかっていれば5年
  • ダイバーズ時計は防水パッキン交換5年以内
  • 時差+-20秒以上が目安
  • ロレックスをたまにしか使用していない人が購入から4年後に日本ロレックスにオーバーホールに出したときの話しです。

    その人はほとんど使用していないのにオーバーホールが5年以内だと聞いたので日本ロレックスに時計を持っていきました。

    ですが、日本ロレックスの時計技師は何も問題ないのでオーバーホールはしないくて大丈夫ですと言って返したそうです。

    使用回数が大切なんだね。

    オイルは使用回数によって劣化する

    歯車

    ロレックスのような機械時計のオーバーホールでは一般的に分解してから部品を清掃してオイル(機械油)を補充します。

    このオイルは時計を使用するたびに少なくなっていきます。

    なので、毎日つかっている時計ほど内部のオイルが早く消費されるのです。

    僕は毎日使ってるけど..

    毎日つかっていれば5年で油切れ

    カレンダー

    ロレックスの場合は僕もそうですが毎日使っていれば5年くらいを目安にオーバーホールでオイルを新しくする必要があります。

    アンティークの時計を毎日使っているのならより期間が短くなり3年ほどでオーバーホールしたほうが良いでしょう。

    使っていなければオーバーホールする必要はない

    黒縁うさぎ

    なので新品で保管している場合は10年経過したからといってオーバーホールする必要はありません。

    保管期間が20年、30年となれば話しは別ですが10年くらいではオイルの劣化もそれほど心配はないです。

    ただし、できれば月に一回程度はオイルの凝固(固まる)のを防ぐためにゼンマイをまいて動かしましょう。

    ダイバーズ時計は防水パッキンに注意が必要

    水道

    サブマリーナや僕のもっているシードゥエラーなどのダイバーズ時計はオイル以外にもパッキンの取り換えが必要です。

    パッキンは時計の防水機能を保つためのゴムの部品です。

    もし、パッキンが劣化して防水性能が正常に機能していないと本体に水や海水が入って時計に壊滅的なダメージを与えます。

    ダイバーズだからといって防水性能を過信してはだめなんだね。

    なので海で使用する場合は5年以内のオーバーホールでのパッキン交換がおすすめです。

    時差+-20秒以上が目安

    時間

    オイルが劣化するとムーブメントの本来の性能がだせずに時間の誤差が大きくなります。

    ロレックスの場合はアンティークは別として一日の時間の誤差は通常-5秒~+10秒くらいです。

    なので、一日の誤差が+-20秒以上をオーバーホールの目安にしてください。

    この+-20はあくまで目安なのでアンティークには当てはまらないよ

    磁気帯び

    磁石

    たまにオーバーホールしたばかりなのに時差が大きい場合があります。

    そんなときは磁気帯びを疑ってみてください。

    機械時計を磁石などの近く保管していた場合などに起る磁気帯びは時間を進み方を変化させてしまします。

    この場合はネットなどで磁器抜き器(2000円程度)を購入して磁器を抜く事で解決できます。

    そんな便利な道具があるんだね

    時計がとまってからでも大丈夫

    大丈夫

    オーバーホールをせずに使い続けていて時計がとまった場合でもオーバーホールはできます。

    だだし、そんな場合は無理にゼンマイを巻いたり自分で直そうとしないでください。

    時計が動かなくなってからオーバーホールする人もいる

    人によっては時計は動かなくなるまでオーバーホールしないという人もいるくらいです。

    なので焦らずオーバーホールに出しましょう。

    ロレックスが止まった場合や時間がずれるようになった症状の専門店での修理事例が参考になります。

    みんな正規店以外でオーバーホールしてた...

    人

    ロレックスマニアの知り合いや、よく行く時計販売店も正規店ではオーバーホールしていなかった。

    めちゃめちゃオーバーホールについて調べた結果..。修理専門店でも特に問題はないと感じる。

    お仕事ウサギ画像横目
    結局プロ修理専門店でオーバーホールはしてるのね..。

    【PR】純正部品の信頼できる時計修理専門店!

    時計に優しい3年~5年の短期オーバーホールは正規店よりも修理専門店が圧倒的にお得。

    とにかく絶対条件の純正部品をつかった定番のオーバーホール専門店おすすめランクです。

    おすすめ1位!株式会社CIEN

    自社で修理を行うため見積りや修理の納期が他社に比べて超丁寧なのに早い!

    大阪と東京に受付窓口がありご来店が難しい方には無料梱包キットをご用意しているため全国対応。

    お仕事ウサギ画像横目
    僕の面倒なオーバーホールの質問に超丁寧に対応してくれたんだ。

    時計修理専門店シエン

    おすすめ2位!時計修理の千年堂

    ロレックス、オメガといった高級時計を中心に圧倒的な実績!

    メーカーよりもリーズナブルでありながら確かな技術の時計修理専門店です。

    お仕事ウサギ画像横目
    古い時計でも頼りになる時計技師さんがなんとかしてくれるよ。

    時計修理の千年堂

    おすすめ3位!株式会社リペスタ

    信頼できる純正部品のオーバーホールが好評!

    また、送料無料、往復送料無料に加え、見積りキャンセルもご返送時送料も無料ですので、見積に関してお客様負担0円です。

    お仕事ウサギ画像横目
    往復送料無料とは嬉しいですね。

    大切に扱ってくれる時計修理 【リペスタ】

    オーバーホールしないと買取価格は下がる?

    お金

    ロレックスなどの機械時計は中古でも高価なのでキチンとオーバーホールしないと買取価格が下がるか心配になることもあるでしょう。

    当然ですが日本ロレックスで定期的にオーバーホールした証明書があるロレックスと10年以上していない時計では金額に差はでます。

    ですが、買取価格の査定ではオーバーホールよりも実際の時計の状態が大切です。

    また、買取価格の査定では時計の状態だけでなく箱や証明書などの付属品の有りなしの方が価格に影響があります。

    ロレックスのオーバーホールの頻度と期間のまとめ

    僕自身もロレックスを付けているので、オーバーホールの頻度についてはたまに質問されることがあるので知らない間に詳しくなっていました。

    この記事に書いてあるようにロレックスだから10年というものでもないです。

    なので今回の記事が使っている時計のオーバーホールの目安を見つける手助けができたら幸いです。

    最後まで読んでいただきありがとうございました。

    みんなリピーターになるの納得

    こんなに丁寧にオーバーホールしてくれておまけに安いならまた頼むわ。

    でも、純正部品使ってる定番のオーバーホール専門店「時計修理専門店シエン」 は安いだけのお店じゃないよ。

    時計修理専門店シエン

    お仕事ウサギ画像横目
    みんなリピーターになるのわかるわ。

    ▲TOP

    INDEX