ロレックスはオーバーホールしない!限界まで長持ちさせる正しい保存

本ページはプロモーションが含まれています

ロレックスはオーバーホールしない!限界まで長持ちさせる正しい保存のトップ画像

日本ロレックスのオーバーホールは料金は高額だから時計が動かなくなるまでしない!

でもホントにオーバーホールはしなくても大丈夫?

そこで今回はオーバーホールしていないと発生する問題を徹底的に調査!

そしてわかったオーバーホールの期間を限界まで長持ちさせる方法を紹介します。

【PR】純正部品つかってる凄腕の時計修理専門店

時計に優しい3~4年の油切れオーバーホールは正規店よりも時計修理店が圧倒的にお得だよ。

時計修理専門店シエン

お仕事ウサギ画像横目
結局、店舗やプロもほとんど修理専門店でオーバーホールはしてるのが現実。

オーバーホールしないとどうなる?限界はどれくらい!

オーバーホールしないとどうなる?

ロレックスはオーバーホールしないでどれくらい大丈夫なのかご存じですか?10年、20年?

みんながロレックスのオーバーホールをどれくらいの年数でしているのか調べてみましたよ。

20年もオーバーホールしていない?!

調査した結果20年で初めてオーバーホール出した人を数名発見しました!

ただし、こういった人は使用頻度が少なかったです。

他のロレックス等の高級時計と併用で使用しており、状況も極めて大切に扱われていたパターンが多いですね。

毎日使って20年オーバーホールしないで使えるのはほぼ奇跡かも..。

10年くらいは問題ない

ロレックスは実用時計として優秀なことは有名ですね。

実際に10年以上はオーバーホールしない人は多数。

そしてほとんどの人が不具合なく使用していました。

さすがロレックス!

日本ロレックスも10年以内を推奨している

実は最近の日本ロレックスの公式ページでは10年以内のオーバーホールを推奨しています。

以前僕が確認したときは5年以内のオーバーホールを推奨していた記憶があります。

これはロレックスの時計構造やオイルの耐久性が向上したことによるものだと考えいます。

なので10年は最近のモデルに対する推奨と考えられるのでアンティークになるとやはり5年以内のオーバーホールが良いでしょう。

オーバーホールしないと起こる問題

オーバーホールしないと怒る問題

ロレックスなどの機械時計をまったくオーバーホールしないで使い続けると発生する問題を症状の軽い順番で紹介していきます。

一日の誤差が大きくなる

まずオイル切れが起こると時間が頻繁に遅れだしたり進みだしたりします

目安は「一日の誤差+-20秒」ほどです。

僕の場合はなんだか時計の進み具合が早くなり頻繁に時間調整が必要になってきてましたね。

時計の針がすぐに止まるようになる

次の症状は、時計のゼンマイのもちが悪くなることです。

自動巻き上げの時計の場合。

今まで一日くらいつけなくても大丈夫だったのが腕につけていないと半日でくらいで停止してしまうようになります。

頻繁にリューズでのゼンマイの巻き上げが必要になったら無理せずにオーバーホールしましょう。

使い続けるとヤバイです。

針が逆回転することも

オーバーホールせずに10年以上まだまだいける...。

あるとき秒針が逆回転!

こればビックリするな!!

落ち着いてオーバーホールに出しましょう。

ロレックスなどの機械時計を毎日使っている場合はやはり10年を超えてきたあたりから不具合が出やすいです。

ゼンマイが切れて止まる

最後はゼンマイが切れて時計が動かなくなります。(チーン)

すぐにオーバーホールに出しましょう。

オーバーホールしないでも大丈夫という人

ミドサブ

人によっては時計は不具合が起こるか動かなくなるまでオーバーホールしない人も結構います。

オーバーホールなんてしないで大丈夫という人の多くは...。

実はそういった人のはオーバーホールなんてしないで動かなくなったら新しい時計を買う人です。

私の知り合いでは多くのロレックスなどの高級時計を多く所有している人ほど放置していますね。

いくつも有れば一つくらい動かなくても問題ないからね..。

動かなくなってからでも大丈夫?

ロレックスがもし動かなくなったとしてもオーバーホールができないということではありません。

動かなくなったり不具合がでてからオーバーホールする人も多いです。

それなら不具合がなければオーバーホールしない方が得?

信頼できる時計修理専門店でオーバーホールなら賢く節約できるよ。

結局オーバーホールの金額は高額になる!

不具合がでたり時計が動かなくなってからオーバーホールする場合。

潤滑オイルがなくなったり劣化することで内部部品に大きなダメージを与えてしまうことが考えられます。

そこで、まださらに無理にネジを巻いて動かしてしまうと内部部品にダメージが大きくなってしまいます。

日本ロレックスの場合はオーバーホールは基本料金だけでなくダメージがあれば部品交換します。

そうなると当然交換する部品が増えるのでオーバーホールの金額があがります

部品交換費用が増えるんだね。

どうすればオーバーホールの期間を伸ばせる?

ロレックスのオーバーホールの金額は安くないです。

でも動かなくなるまで使うとオーバーホールの金額が高くなるのが怖い。

では何かオーバーホールする期間や頻度をできるだけ引き延ばす方法な無いのでしょうか?

そこでロレックスの保管について詳しく調べてみましたよ!

みんな正規店以外でオーバーホールしてた...

人

ロレックスマニアの知り合いや、よく行く時計販売店も正規店ではオーバーホールしていなかった。

めちゃめちゃオーバーホールについて調べた結果..。修理専門店でも特に問題はないと感じる。

お仕事ウサギ画像横目
結局プロ修理専門店でオーバーホールはしてるのね..。

【PR】純正部品の信頼できる時計修理専門店!

時計に優しい3年~5年の短期オーバーホールは正規店よりも修理専門店が圧倒的にお得。

とにかく絶対条件の純正部品をつかった定番のオーバーホール専門店おすすめランクです。

おすすめ1位!株式会社CIEN

自社で修理を行うため見積りや修理の納期が他社に比べて超丁寧なのに早い!

大阪と東京に受付窓口がありご来店が難しい方には無料梱包キットをご用意しているため全国対応。

お仕事ウサギ画像横目
僕の面倒なオーバーホールの質問に超丁寧に対応してくれたんだ。

時計修理専門店シエン

おすすめ2位!時計修理の千年堂

ロレックス、オメガといった高級時計を中心に圧倒的な実績!

メーカーよりもリーズナブルでありながら確かな技術の時計修理専門店です。

お仕事ウサギ画像横目
古い時計でも頼りになる時計技師さんがなんとかしてくれるよ。

時計修理の千年堂

おすすめ3位!株式会社リペスタ

信頼できる純正部品のオーバーホールが好評!

また、送料無料、往復送料無料に加え、見積りキャンセルもご返送時送料も無料ですので、見積に関してお客様負担0円です。

お仕事ウサギ画像横目
往復送料無料とは嬉しいですね。

大切に扱ってくれる時計修理 【リペスタ】

使用してなければオーバーホールの必要ないのか?

使用していなければオーバーホールは必要ないのか?

自分が使う目的ではなく記念日のプレゼントに貰ったロレックスなどの場合は保管する必要があるかもしれません。

ロレックスをプレゼントされるとかメチャメチャうらやましい!

でも機械式の時計って使わずにずっと保管しておくよりも使用したほうが時計に良いと聞いたことないですか?

でも本当に保管しておくよりも使用した方が時計に良いのでしょうか?

また、使ってなければオーバーホールする必要ない?

正しい保管が大切

結論からいえば使わないのであれば10年以上でもオーバーホールは必要ない。

使っていないなら10年たってもオーバーホールしなくてい良いんだね!

ただし、完全にオーバーホールする必要がないわけではありません。

大切なのは使わなくても起こる機械時計の問題を知り正しい保管をすることです。

使わなくても起こる問題

ロレックス

保管しておく場合は使っていないのに発生する機械時計の問題がなにかを知っておきましょう。

  • オイル(機械油)の凝固と劣化
  • パッキンの劣化
  • オイル(機械油)の劣化と凝固

    歯車

    次の問題は時計内部のオイルの問題です。

    使用していなければオイルの劣化はほどんと無いです。

    ただ動かしていない場合はオイルが固まってしまい歯車の動きを悪くしてしまうことがあります。

    確かに油って固まるよね

    パッキンの劣化による防水性

    まず機械時計に水が入らないようにしているパッキンとうゴムの部品の劣化です。

    パッキンは家の水道の蛇口などでもつかわれてるよね。

    パッキンのゴムは古くなることで固くなったり裂けてしまいます。

    こうなると手を洗うだけで時計の中に水が侵入する可能性もあります。

    ただ保管してつかわないなら水は侵入しないので大丈夫ですが使用することになったときはオーバーホールでパッキンを交換しましょう。

    月に一回はネジを巻いて動かす

    カレンダー

    先ほど説明したように機械油は長期間動かさないでいると凝固(固まる)します。

    なので面倒ですが月に一回はリューズをまいて一日ぐらい動かすのが良いです。

    ちょっと面倒だな..。

    ワインディングマシーンもダメ!

    実は自動巻きの時計を保管するため箱のワインディングマシーン(時計台が回転する箱)もやめておきましょう。

    長期保管する場合は使用していないにもかかわらず使用した時と同じようにオイルも劣化してしまいます。

    またワインディングマシーンについては日本ロレックスも推奨していません。

    使っているのと同じことになるんだね。

    時計は振らないでリューズでゼンマイを巻く

    止まっている時計は自動巻きでも振ってしまいがちですがゼンマイはリューズで巻くようにしましょう。

    理由は時計を振ってもあまりゼンマイは巻けないのと時計が危険だからです。

    磁力と湿度に注意

    また長期保管する場合は磁気の強い物の近くや湿度の高い場所は避けましょう

    こういった注意ポイントをしっかりまもることで使っていないロレックスは長期間保管することができるでしょう。

    使用するときにオーバーホール

    修理

    長期保管している場合は使用する前に一度オーバーホールに出しましょう。

    まずパッキンの交換くらいで保存状態さえよければ最小限のオーバーホール費用ですみます。

    時計修理専門店でのロレックスの修理事例が参考になる。

    オーバーホールしないのまとめ

    今回のオーバーホールの記事はどうでしたか?

    機械時計は避けることができないオーバーホール、ですがどうしてオーバーホールが必要なのかは少し理解していただけたと思います。

    また、ロレックスなどを少し保管しておこうと思っている人も参考してしていただければ幸いです。

    最後まで読んでいただきありがとうございました。

    みんなリピーターになるの納得

    こんなに丁寧にオーバーホールしてくれておまけに安いならまた頼むわ。

    でも、純正部品使ってる定番のオーバーホール専門店「時計修理専門店シエン」 は安いだけのお店じゃないよ。

    時計修理専門店シエン

    お仕事ウサギ画像横目
    みんなリピーターになるのわかるわ。

    ▲TOP

    INDEX