ホントは激安?日本ロレックスでのオーバーホール!メリットとデメリット

本ページはプロモーションが含まれています

ホントは激安?日本ロレックスでのオーバーホール!メリットとデメリット

日本ロレックスのオーバーホールが実は安い!ってホント?

以外に知られていない正規店でオーバーホールするメリットとデメリットを徹底紹介。

正規店でオーバーホールしようか別の修理業者にしようか迷っている人は必見です!

あんまり他のサイトでは日本ロレックスでのオーバーホールの本当のメリットは言ってない..

【PR】純正部品つかってる凄腕の時計修理専門店

時計に優しい3~4年の油切れオーバーホールは正規店よりも時計修理店が圧倒的にお得だよ。

時計修理専門店シエン

お仕事ウサギ画像横目
結局、店舗やプロもほとんど修理専門店でオーバーホールはしてるのが現実。

日本ロレックスでオーバーホールするメリット

オーバーホール

日本ロレックスでオーバーホールするメリットをまとめました。

完璧をもとめる日本ロレックスのオーバーホールを知ることで、正規店以外の修理店との違いがよくわかるはずです。

日本ロレックスのメリットを理解しておくと正規店以外の修理業者との使い分けができる。

実は激安!日本ロレックスのオーバーホール

黒縁うさぎ

日本ロレックスのオーバーホールの基本料金は高いというイメージがありますよね。

でも実は日本ロレックスでオーバーホールした方が安い場合が結構あるんです。

実は僕も初めはしらなかったんですけど。

一般の修理店だと15万円以上

例えば僕のシードゥエラー16600は前回日本ロレックスでオーバーホールしました。

そのときは基本料金と部品交換で合計82000円

ですがこのときとまったく同じ内容を日本ロレックス以外でやった場合はおそらく15万円以上となります。

なんで?!

理由はリューズ交換

その理由はリューズ交換です。

そのときの日本ロレックスの明細をみればリューズ交換が11000円となっています。

前回の日本ロレックスのオーバーホール料金や明細についてはこっちの記事で詳しく説明してます。

このリューズ交換ですが日本ロレックス以外だと...実は

実は修理店だと45000円以上も

お金

正規店でないとリューズなど外面の部品交換は4万~5万以上になります。

リューズ交換はめちゃ高いやん!

なので外装部の交換部品がある場合は日本ロレックスが方が圧倒的に安いんですよ!

この理由は日本ロレックスが自社の部品を大量にストックしているからです。

日本ロレックスの研磨と同じ研磨レベルにすると

ピカピカ

日本ロレックスのオーバーホールをするとケースやベルトを丁寧に研磨してもらえます。

ピッカピカにしてくれます。

確かに前にオーバーホールしたときピッカピカに研磨してくれた

基本料金に研磨代が含まれている

また、日本ロレックスでは基本料金に研磨料金が含まれているんです。

基本料金に含まれているからと言って研磨のレベルが低いわけではありませんよ!

基本料金高いけど研磨代も含まれてるんやね

日本ロレックスと同じレベルの研磨だと別料金になる

日本ロレックスの研磨は一般の修理店が通常行う簡単な研磨ではなく有料レベルの丁寧な研磨です。

すげー丁寧な研磨なんだね

防水テストが必要なダイバーズ時計

ダイバー

ダイバーズ時計の本来の防水性能を維持するには日本ロレックスでのオーバーホールと防水テスト以外ないです。

もちろん一般の修理店でも防水テストは行ってもらえます。

ただ海で使用するダイバーズ時計の防水となると保証するお店はほとんどないでしょう。

その理由は本格的なダイバーズ時計の防水テストを行うのは日本ロレックス以外では無理でしょう。

さすがロレックスですね!

本物の証明ができる

証明書

ロレックスを並行輸入店で買った場合など時計が本物か偽物なのかちょっと心配になるものです。

実際に自分のロレックスが本物か偽物か判別するために日本ロレックスにオーバーホールを出す人も多いようです。

また、日本ロレックスでオーバーホールするとオーバーホールをした証明書がもらえます。

日本ロレックスでは偽物は絶対にオーバーホールしていないので、この証明書は本物である証となります。

本物の証明になるんだね

保証期間が二年

保証書

一般の時計修理店ではおそらくオーバーホール後に一年間の保証があると思います。

ですが、日本ロレックスでは2年の保証期間となっています。

中古の時計で2年間もの保証期間があるとはさすがロレックスですね。

保証期間が2年とは安心!

いつか正規店でオーバーホールできなくなる?

アンティークロレックス

とっても素晴らしいオーバーホールをしてくれる日本ロレックスですが、アンティークモデルや古くなった時計の場合はオーバーホールを受け付けてもらえないこともあります。

そういったアンティークロレックスのオーナーは優秀な時計修理業者でオーバーホールしているのが一般的です。

また、純正品以外は使わずに時計の価値を下げない良心的な専門店をうまく利用するのが一番賢い方法です。

なるほどね..。

みんな正規店以外でオーバーホールしてた...

人

ロレックスマニアの知り合いや、よく行く時計販売店も正規店ではオーバーホールしていなかった。

めちゃめちゃオーバーホールについて調べた結果..。修理専門店でも特に問題はないと感じる。

お仕事ウサギ画像横目
結局プロ修理専門店でオーバーホールはしてるのね..。

【PR】純正部品の信頼できる時計修理専門店!

時計に優しい3年~5年の短期オーバーホールは正規店よりも修理専門店が圧倒的にお得。

とにかく絶対条件の純正部品をつかった定番のオーバーホール専門店おすすめランクです。

おすすめ1位!株式会社CIEN

自社で修理を行うため見積りや修理の納期が他社に比べて超丁寧なのに早い!

大阪と東京に受付窓口がありご来店が難しい方には無料梱包キットをご用意しているため全国対応。

お仕事ウサギ画像横目
僕の面倒なオーバーホールの質問に超丁寧に対応してくれたんだ。

時計修理専門店シエン

おすすめ2位!時計修理の千年堂

ロレックス、オメガといった高級時計を中心に圧倒的な実績!

メーカーよりもリーズナブルでありながら確かな技術の時計修理専門店です。

お仕事ウサギ画像横目
古い時計でも頼りになる時計技師さんがなんとかしてくれるよ。

時計修理の千年堂

おすすめ3位!株式会社リペスタ

信頼できる純正部品のオーバーホールが好評!

また、送料無料、往復送料無料に加え、見積りキャンセルもご返送時送料も無料ですので、見積に関してお客様負担0円です。

お仕事ウサギ画像横目
往復送料無料とは嬉しいですね。

大切に扱ってくれる時計修理 【リペスタ】

日本ロレックスのオーバーホールのデメリット

黒縁うさぎ

ここまでは日本ロレックスのメリットばかりを紹介してきましたがデメリットももちろんあります。

デメリットって何?

部品交換が無駄に多い

ロレックス

日本ロレックスでは時計本来の性能を維持するためにダメージある部品はすぐに取り換えとなります。

これには賛否両論あるとおもいます。

人気の時計修理専門店のロレックス修理事例を比較することいいよ。

完璧を求めすぎる

修理

まだ使えそうな部品でもダメージがあれば全て取り換えとなるで当然ながら修理費用も高額になります。

メリットでもお伝えしましたが日本ロレックスは部品交換費用は安いですが、まだ使えそうな部品も全て取り換えてしまうところが日本ロレックスのデメリットです。

ちょっとでも節約したいよね

アンティークのオリジナル部品を交換

また日本ロレックスではアンティークのオリジナル部品も劣化がみられると交換になります。

例えば文字盤の焼けや針のサビなどアンティーク時計特有の味のある部分も不良とみなし取り換えてしまうのです。

この問題も難しところではありますが時計によっては価値の変化もあるので注意が必要です。

オリジナルのパーツ交換には注意がいるんだね

受付の対応

オペレーター

たまに口コミなどで受付の対応が悪いというのをチラホラ目にします。

実際にわたしは日本ロレックスのサービスに何度か電話したことがあります。

正直にいえばたしかに丁寧な受付の人もいれば素っ気ない対応の人もいました。

受付の対応って大切だよね

研磨しなくても基本料金が変わらない

支払い

日本ロレックスの研磨が基本料金に含まれているという話しはメリットの所でしましたが研磨は断ることもできます。

これは「研磨痩せ」や「ビンテージ感」を気にする人もいるためです。

ただ、とても丁寧な研磨を断っても基本料金は変わりません。

安くならないんだね。

短期間のオーバーホールおすすめできない

ロレックスを使う人

最近の日本ロレックスでは10年以内のオーバーホールを勧めているように短期でオーバーホールはもったいないです。

ここまで説明したとおり日本ロレックスでは丁寧な研磨やダメージのある部品交換など大きなメリットあります。

ただしそのメリットはある程度(5年以上)の期間が経過して時計にダメージが大きい場合に限ります。

なるほど..ピカピカのロレックスだとあんまり意味ないのね

日本ロレックスでオーバーホールするメリットとデメリットまとめ

結論、日本ロレックスのオーバーホールは安い。

僕自身も日本ロレックスのオーバーホールは高いという先入観がありました。

ですが、こうして日本ロレックスのオーバーホールのメリットとデメリットの記事を書いてわかりました。

でも部品交換のないオイル補充や清掃メンテナンスのオーバーホールは修理専門店で行った方が断然お得です。

それに時計にとっては部品交換にならないように4年ほどで油切れならないようにオーバーホールしたほうが一番いいですからね。

基本は部品交換が必要にならないように専門店での4年に一度のオーバーホールがおススメ!

みんなリピーターになるの納得

こんなに丁寧にオーバーホールしてくれておまけに安いならまた頼むわ。

でも、純正部品使ってる定番のオーバーホール専門店「時計修理専門店シエン」 は安いだけのお店じゃないよ。

時計修理専門店シエン

お仕事ウサギ画像横目
みんなリピーターになるのわかるわ。

▲TOP

INDEX